綺麗に染めるなら

ドライヤーと女性

やっぱり黒は重過ぎる…そう思って自分でヘアカラー剤を買ってきて挑戦してみるけれど、いつも高確率でまだらになってしまったり、すぐに色が抜けてしまったりというようなことはないでしょうか。
手順通りに染めているつもりでも、人の髪質は千差万別。説明書通りで綺麗に染まる人もいれば、そうでない人ももちろんいるわけです。特に癖のある人や髪が太く硬めの人は色も抜けにくく、また入りにくいものです。… Read more

色味を決めておく

きりっとした女性

美容室にヘアカラーをしに行こう、と意気込んだのは良いけれど、いざ行って席に座るとどんな色にしようか迷ってしまって決められないという人、意外といると思います。
普段化粧をする時などにアップで自分の顔をまじまじと見ることはあっても、少し引いて上半身全体をバランスよくまじまじと見ることは意外と少なく、席に座って鏡と対面して、そこで改めて何色にしようか考えてしまうものです。… Read more

いつもの格好で

綺麗な黒髪

美容室へ行く時、どんな服を着て行こうかと迷い、最終的に少しお洒落をして行く、なんてことはないでしょうか。ヘアカラーをしてもらっている間ずっと鏡の中の自分と向き合うことになる分、ちょっとおめかししておこう、という人は多いものですし、周りもそういった人が多かったりすると余計に浮かない様にと服装に気合を入れてしまいがちです。
ですが、美容室に行く時は出来れば普段の、いつも通りのかっこうで行くことをおすすめします。… Read more

伝えておこう

ロングヘアー

美容室でヘアカラーをするにあたってもう一つ、忘れてはいけないことがあります。何かというと、どんな色味にするか相談する際に、合わせて今までのカラー履歴というか、記録を伝えておくということです。
例えばいつ頃何色のヘアカラー剤を使って自分で染めたのかや、ブリーチをして傷んでいたり、黒染めをしたことがあればその旨を伝えましょう。… Read more